寒い夜だった。
紺色の空を月が冴え、東の空から上ろうとしている。
わたしは家出中だった。
喧嘩したのは進路のことだ。
田圃の畦道は誰も居ない、こんなに寒かったら変態だって身を潜めるからかえって安全。
赤いコートをマフラーで緑に染め、軽トラックが通る隣で風を聴く。
田圃一面に覆う雪はまるで夜には海になる。
遠い灯りたちは住宅街、波止場の向こうに輝く大陸。
オー・ラ・リーをハミングした。
次はグリーンスリーブス。
ついでにグリーン・グリーンを思い起こせる歌詞で(忘れたらハミング)歌いながらゆく。
これはとても悲しいけど音楽の授業のときから好きだった。

青空には小鳥が歌い。

ある日パパと二人で、語り合った

立ち止まる。
風は冷たく頬に染みる。
消防車の遠い乾燥警報に犬が啼いて、雲はゆっくりと満月に照らされる。
オリオンはどこだろう。
息が白かった。
どんなに腹が立っていたって、帰らなくては眠れない。
ベッドはあの家にしかないのだ。

影を踏みながら外灯を見上げると虫が群がっていた。
冬だというのに生きてるのも居るんだ。と思った。











---------------
鈴の鳴る場所呟きの歌 (C)isuzu since2001