うみねこ考察部屋~青字発言まとめ:Episode7


◎青字vs赤字のまとめと、内容への考察&メモ置き場。完全に自分用のメモ帳。
黒字が赤字で語られた部分以外の台詞orコメントです。
Episode1~4の青字まとめはこちら
Episode5の青字まとめはこちら
Episode6の青字まとめはこちら


◇考え方の基本
赤字の真実性は疑わない。
『真実ではあるが、明記されないこともある。5W1Hを確認。兄貴もやってるビジネスの基本。』
 以上!

*引用後の()内は、発言されたタイミング。
*赤字欄が未記入(***)の謎=まだ反論確定されていない謎です。
 また、『反論確定』と記載されていない謎については、ベアトが敢えて反論をしていない可能性があります。
*赤字まとめとかぶる記述もありますが、赤字が全て青字に対する反論と言うわけでもないので、とりあえず両方に書きます。
*赤字まとめページ Episode1-4  Episode5  Episode6  Episode7




●青字と赤字のゲームルール(引用)


「 そなたは、妾の魔法殺人を人間とトリックで説明する際に、青で宣言することができる。
 妾はゲーム終了までの間に、そなたの青を赤にて反論する義務を持つ。 」
(Episode4/1日目/ベアトリーチェ)

「 ゲーム終了時とは、ゲーム内の六軒島時間で1986年10月5日24時00分 」
「 それ(復唱要求への反論)は、10月6日00時01分までに必ずなされる 」
(Episode4/1日目/右代宮縁寿)

「 (青は)それ自体が魔女を否定しない限り、成立しない。 」
(Episode4/1日目/ベアトリーチェ)
つまり、推理の前提を確認するような復唱の要求には使えない。
(Episode4/1日目/右代宮戦人)


ルールの確認は以上!
青は、赤と対になって宣言されるものなので、青については対比表作っていこうと思います。


*連番は発言順。応酬は同連番内で記載。赤字後に()があるのは、魔女側の反論時期です。
連番 青字 ※()内は宣言時期/宣言した人物 赤字による反論/反論状況
第7のゲームについての青字/赤字
●ベアトリーチェ殺人事件の解明について
(赤字を受けて)悪魔の証明ね。棺にないだけじゃない?死体が存在しないことをあなたが証明できない限り、これはミステリーよ。
(Episode7_礼拝堂/ベルンカステル)
○ウィラードの赤字
・ヴァンダイン二十則、第7則。死体なき事件であることを禁ず。

●ウィラードの反論
・第1則。手掛り全ての揃わぬ事件を禁ず。

●ベルンカステルの反論
・安心なさい。全てはここに揃っている。
第8のゲームについての青字/赤字
● -
*** (Episode-_-/-)
● -
***





青字まとめ・出題編

赤字まとめ(出題編) 赤字まとめ(散)

Episode1のメモ Episode2のメモ Episode3のメモ Episode4のメモ
Episode5のメモ Episode6のメモ Episode7のメモ
Ep7考察部屋
 うみねこ部屋トップ